タイトルや記事内容を分析して関連する記事を表示する、プラグイン「Similar Posts」

wordpress_similarposts04_1

「Similar Posts」は、タイトルや記事内容を分析して関連する記事を表示するプラグインです。その記事を訪問してくれた方は同じような記事を探していることが多い傾向があるので、ユーザビリティアップにもなりますし、わざわざひとつひとつ各記事にリンクを貼っていかなくてもプラグインが自動でリンクを表示してくれるので、管理者としても記事作成の時間短縮になります。記事が多くなればなるほど、導入する価値が出てくるプラグインです。

 

 

◆「Post-Plugin Library」のインストール

「Post-Plugin Library」は、他のプラグインを呼び出すためのライブラリプラグインです。このプラグイン単体では動作しませんが、「Similar Posts」ではプラグインを呼び出すための絶対必要プラグインとなりますので、まず最初にインストールします。

「プラグイン」>「新規追加」から「Post-Plugin Library」を検索し、インストール。プラグインを有効化します。以上で終了です。

wordpress_similarposts01_1

 

 

◆「Similar Posts」のインストール

「プラグイン」>「新規追加」をクリック。

wordpress_similarposts02_1

検索で「Similar Posts」と入力し「プラグインの検索」ボタンをクリック。

wordpress_similarposts02_2

「Similar Posts」の「詳細」をクリック。

wordpress_similarposts02_3

「いますぐインストール」ボタンをクリック。

wordpress_similarposts02_4

「Similar Posts」の「プラグインを有効化」をクリック。

wordpress_similarposts02_5

wordpress_similarposts02_6

「設定」>「Similar Posts」の項目が追加されます。続けて「Similar Posts」を設定していきましょう。

 

 

◆「Similar Posts」の設定方法

「ダッシュボード」>「Similar Posts」をクリック。「Similar Posts」の「General Settings」画面が表示されます。「Number of posts to show:」で表示したい記事数を変更します。似た記事をサイト全体から探してくるようにするため、「Match the current post’s category? 」と「Match the current post’s tags?」を「No」にし、「Save General Settings」ボタンをクリックします。

「Similar Posts」上部、「Output」をクリック。「Output Settings」画面が表示されます。特に変更する点はありません。

wordpress_similarposts03_2

「Filter」をクリック。「Filter Settings」画面が表示されます。特に変更する点はありません。

「Placement」をクリック。「Placement Settings」画面が表示されます。「Output after post:」を「YES」にします。これで各記事の最下部に「Similar Posts」が表示されるようになりました。タイトル表示を変えたい方は、お好みで「Parameters」を変更しましょう。最後に「Save General Settings」ボタンをクリックするのを忘れずに。

表示場所を変えたい方は、「外観」>「テーマ編集」から任意の場所に以下のように記述します。

wordpress_similarposts03_8

「Other」をクリック。「Other Settings」画面が表示されます。サイトの状況により、「Relative importance of:」で関連記事を表示するためのコンテンツ、タイトル、タグの重視比率の設定を変更しましょう。最後に「Save General Settings」ボタンをクリックするのを忘れずに。

「Manage the Index」をクリック。「Manage Index」画面が表示されます。「Handle extended characters? 」と「Treat as Chinese, Korean, or Japanese?」を「YES」にし、「Recreate Index」ボタンをクリックします。これでこのサイトが日本語のサイトですと宣言されました。以上で設定は終了です。

 

 

◆「Similar Posts」の実装確認

実際のサイトを確認してみると、各記事の最下部にこのように表示されました。その記事のタイトルや記事内容を分析し、それに近い記事が自動で表示されるようになっています。

wordpress_similarposts04_1

その記事を訪問してくれた方は同じような記事を探していることが多い傾向があるので、ユーザビリティアップにもなりますし、わざわざひとつひとつ各記事にリンクを貼っていかなくてもプラグインが自動でリンクを表示してくれるので、管理者としても記事作成の時間短縮になります。記事が多くなればなるほど、導入する価値が出てくるプラグインです。

 

 

◆「Similar Posts」のリンクにtitle属性を付ける

「Similar Posts」でのリンク上にロールオーバーしたとき、デフォルトの状態ではツールチップとして「記事を投稿した年月日」が表示されます。もちろんこのままでもかまいませんが、title属性はリンク先の詳細な説明にもなりますので変更してみましょう。

「Output」をクリック。「Output Settings」画面の「Output template:」に以下のように記述します。以上で設定は終了です。最後に「Save Output Settings」ボタンをクリックするのを忘れずに。

wordpress_similarposts05_1

実際のサイトでは、ロールオーバーするとこのように表示されます。音声読み上げソフトでも、title属性の読み上げに対応しているものも多いですし、ユーザの利便性の向上になります。